実際はン十万だろうな。

塾長の叫び

この春期講習、やってる事はン十万レベルの価値だろうな。



プロの講師に1日3~6時間、週6日で見てもらうのが1ヵ月だもんな。。。








そんな値段はつけないけど。







そういう値段の付け方をすれば、自然と受講者は限定されてしまう。



塾生みんなが受けられない可能性が極めて高い。









支払うお金が違うのに扱いは同じ、という事は出来ない。





でも、最低限これくらいの強度は全員に必要。



見方によったら、僕自身の価値そのものを下げている事になるよね。






それは理解している。





が、それでも構わない。






塾生たちが成績アップを、志望校合格を成し遂げるなら、

それで彼らの人生に何らかの変化がもたらされるなら、


僕はこれくらいの、僕自身に対する過小評価は無視できる。







そもそも、必要なのに受けられない、受けたいのに受けられない、

そのために変えられたはずの「今」を変えられずに終わってしまう、

そんな事態は僕の目の前では起こさせない。








それも独立した理由の1つだからね。









まぁ、この辺も僕が経営者失格たる所以なんだけどね。笑

タイトルとURLをコピーしました