小学部の読解講座①終わりっ

塾長の叫び

先週から1週間かけて少しずつ、1つの文章をじっくり読解していった。




設問には正解できても「なんとなく」や「勘」ってこともよくあるのが国語。




授業の中で塾生たちも「うっ・・・」となることがいっぱいあったね。




そういう小さい発見をたくさんしてこそ授業の意味がある♪




小学生のうちは「勘」でなんとかなってるように見えてしまうけど、




それだと中学以降で大苦戦してしまうから。




「勘」に頼らず「読んで考えて答える」というクセを小学生のうちにつけてしまおう(^^)




読解講座②はまた近々やります♪

タイトルとURLをコピーしました