尻を叩き、耐える。

塾長の叫び

塾に入れてからの方が大変だって言ったけどね。



何が大変かって、








尻を叩きながら耐える事







これなんだよね。








尻を叩くって、

怒ればいいってもんじゃない。




というか相手が中学生ともなると、

たいがいは怒っても「うるせーなー」くらいにしか思わない。






尻を叩くってのは、

どうにもやるしかない状況に追い込む感じ。





必ずしも言葉に出さなくても、ね。











そして耐える。








結局、頑張るのは親でも先生でもなく、子供自身。






やるしかない状況まで来て、

ようやく行動に移すまで、

そして結果が出るまで、

耐える。








これが一番キツイかもしれないね、精神的に。














やるしかない状況をキープしたまま、

自分で動き、やり遂げるまで我慢。










下手に手を貸したら「あっ、結局助けを待てばいいんだ」って思うし、

下手に怒ればスネて動かなくなる笑











しかし!










自分で動き始めたら必ず乗り越えられる。



自分で動き始めれば思わぬ助けが得られる。




そうして少しずつ、大人になっていくのである。

コメント

タイトルとURLをコピーしました