強制的に触れ、そしてコネコネ♪

塾長の叫び

「広く共有されている」




「表面からはうかがい知ることのできない」




「精神活動」




中1の教科書ですでにこういう「うっ・・・」となりがちな言葉が登場している。




言葉は、触れようと思えばいくらでも触れられるのだ。




そして、触れさせようとすればいくらでも触れさせられるのだ。




国語は、触れてきた言葉の数がモノをいう、というのは言うまでもない。




言葉に触れる方法としては、音読が最適だ。




強制的に目から入って脳を通って口へ出て、そして耳から入る。




あとはそれらを、脳内でコネコネ♪し、そしてコネコネ♪し続けること。




昨日、中1たちは「比喩」で脳内コネコネ♪済である。




この1週間、音読でコネコネ♪し続ければ、確実にレベルアップするだろう。

タイトルとURLをコピーしました