心や頭で起きた「何か」を見つけなきゃ。

塾長の叫び

正解の数と不正解の数。




その数自体に、特に意味は無い。





突き詰めて言えば、

友達にマウント取れるかどうか、

くらいしか価値はないから。










大事なのは、



そこから何を得たか、

何を思ったか、

何かが変わり、


もしくは変わらない何かを見つけたか、








そういう点数には表れない部分の方。












嬉しかったり、


悔しかったり、


自信がついたり、


不安が大きくなったり、




安心、




焦り、




新しい視点、




貫くべき姿勢、





思わぬ発見や、




改めて気付かされた事実。










そういう心や頭で起きた事の数の多い少ないが大切なんだよね。






正解不正解の数じゃなく。









そして結局、


目には見えない「何か」の多さが、


点数の高さにも繋がっていく


って事だったりもする。

タイトルとURLをコピーしました