怒れない講師、怒られない生徒。

塾長の叫び

態度が悪い明らかにヤル気がない塾にはたまに、

そういう子が現れる。







たまに、

と言ったが、毎年一定の割合で現れる。







個別指導では特にね。








うめざわ塾にはいないけど。




いてもすぐに辞めるか、

そもそも入ってこない。笑








とは言いつつ、

会社員時代はこの手の生徒にホトホト手を焼いたものだ。











さて、

この手の生徒がはびこるのには理由がある。










講師が怒れないのだ。




心ある室長ならいいが、

そうでない人、

目の前の月謝を逃したくない人、

目の前の月謝を逃してノルマ達成出来なくなるのが怖い人、

目の前の月謝を逃して上司に怒られたくない人。









室長と言えど営業マンだ。




その気持ちは大いに分かる。










が、


間違いなくそのマインドは、

塾生にとって害悪となる。









営業的・会社的な事情から辞められては困るから、

態度が悪くても怒れない。










担当講師にも「怒らないでね」と。










長く続けてもらうために、

出来るだけ「お客様」として扱う。









話し相手であり、

ワガママを聞いてくれる存在。






それが彼らにとっての塾講師である。








だから余計にナメて、増長し、のさばる。













塾は営利組織ではあるが、

塾生を「お客様」として扱えば、

それはもはや「塾」ではない。










少なくとも僕の感覚では、ね。








塾生を「お客様」として扱うならいっそ、

「〇〇くん(さん)」じゃなく「お客様」と呼んだほうが潔いのでは?


とすら思う。笑









塾とは。









その理想と現実のギャップに苦しんでいる現場の人たち。




大丈夫。




勇気を出して。









長い目で見たら間違いなく、

激烈に怒った方がいまより上手くいくよ。

タイトルとURLをコピーしました