思いの強さは行動の数である。

塾長の叫び

「ヤル気はあるけど体が動かない」は嘘。








ヤル気が無いんじゃなくて体が言う事を聞かないだけ。


気持ちはあるんだ。







という言い訳。









まぁ、


5万歩譲って「気持ち」はあるという事にしてもいい。








が、







「ヤル気」の問題にしてる時点でアウト。









「やらないといけない事は分かってる」レベルであり、


「ヤル気」がある=やりたい気持ちがあふれてるではない。












さて。











人は「ヤル気」があるから動くのだろうか?


行動を起こすのは「ヤル気が出る」の待ち、

するしかないのだろうか?












違う。











行動を起こすから「ヤル気」が出る。






今日やってみて、

明日もやってみて、


明後日も明々後日も・・・


やってみて、するとだんだん


「やらないと気持ち悪い」


になってくる。






「やってない」事への罪悪感に襲われる。




「もうちょいやれるし、こんなんもやってみよう」になってくる。









行動の数を増やせば増やすほど、

ヤル気など勝手に出てくる。






ヤル気が無い時も同じ。




ヤル気が無くても行動すれば、

勝手に気分がノッてくる。








そうして行動の数を積み重ねていくと、

気持ちが最初の時より強く、大きく育っていく。













「ヤル気はあるけど体が動かない」









は?









じゃあ動けよ。







やれよ。







やってから言えよ。









ほら。






早く。




早く動けって。











動かないなら「ヤル気はある」なんて嘘だから。

コメント

タイトルとURLをコピーしました