情景は主人公の心情を表している実例、の解説。

勉強とか

さぁ、まずは

『情景は主人公の心情を表している実例』

を読んでねー!





読んだ?


解説しまーす。





別れのシーンって雨なの。


ドラマでもだいたいそうでしょ?


いや傘さしーや、

ってくらいに雨を浴びまくるよね。


これは悲しいからだね。


反対に、

めちゃくちゃ天気のいい砂浜で切り出す別れは、

未来へ進む予感がする時なんだよ。





この話では、

雨の中、彼女から別れを切り出される。


悲しくて泣いてたね。


雨=悲しい

だね。




でも散々泣いた後の帰り道、

いつの間にか雨はやんでて、

キレイな夕日が見えた。


なんなら爽やかな秋の風まで吹いてる。


泣きに泣いて、

別れを受け入れて、

なんだかスッキリしたんだね。


もし悲しみのドン底に落ちてたら、

ここで雷鳴ってヒョウ降るから。


晴れ・爽やかな風=スッキリ

だね。





周りの景色は主人公の気持ちを表してる。


物語文読解の重要ポイント。


景色から喜怒哀楽が読み取れればOK。


せめて、

プラスの気持ちかマイナスの気持ちか、

は読み取れるようになろうね!


題材は『塾長の軌跡 高校生編』でした~。

コメント

タイトルとURLをコピーしました