意味のない宿題を撲滅する。

塾開業

解いて、

〇付けして、

間違ってる所は赤で正しい答えを書いて、

おしまい。




宿題を出すと、

こういうのに遭遇する。


一番腹立たしいやつ。




こんなやり方で成績なんか上がるワケ無いんだけど、

当の本人は「ちゃんと出したでしょ」感を出す。


なんなら「やり直ししましたよ!」って言い張るツワモノも。


ちゃんとやったかどうか、

ノート見れば、

問題解かせれば一発で分かるのに。


この「意味ない宿題」に終止符を打たないといけない。




そのために、

授業冒頭の小テストをやる。


宿題をやろうがやらなかろうが、


小テストで不合格なら問答無用で補習+再テスト。


不合格が続くようなら無条件で補習も考えてる。


宿題は出すよ。


でも、提出したかどうかはどうだっていい。


内容を分かってるかどうか、

覚えてるかどうか、

をチェックする。


で、

出来ないならその分勉強してもらう。


すごく当然の事。


補習を食らわないために、

どう取り組めばいいか分かるよね?


問題を解いて、

〇付けして、

間違ったら考え直して、

理解して、

それを繰り返して、

忘れないようにする。


たったこれだけ。


でも、たったこれだけの事を続けられるかどうかで、

成績が上がるかどうかが決まるんだよ。




心配しないで、

妙に難しい問題を出して満点阻止する、

なんてズルしないから。


ちゃんと、

授業中に解いた問題か、

宿題にで出した問題、

で作るから。


だから解けるかどうかは皆の勉強姿勢次第だよ。


勉強中に分からなくなったりしたら、質問してくれていいからね。


宿題の質問も受け付けるよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました