成果は考えた時間に比例する法則。

塾長の叫び

何か成果を出したい




もっと良くしたい




悪い状態から抜け出したい






もっともっと高い所へ行きたい











誰もが多かれ少なかれ思ってる事だ。





でもね。







それを叶えられる人とそうでない人がいる。









何の違いか、

分かるかい?












「考えた時間の長さ」


の違いだよ。









成果を出すためにはどうしたらいいか?






自分の何が良くて何が悪いのか?






良い所を伸ばすとどうなれるか?






悪い所を放っておくとどうなるか?






このままの自分でいいのか?







もっともっと高い所へ行くには何が必要か?










そういった事を常に考えてる者はサクサク次のステージへ行き、



考えない者は置いていかれる。










自分がパワーアップする事について考えた時間の長さが、


自分のパワーアップに繋がる。












考えた時間の長さを、

人は「思いの強さ」と言う。









より良くなりたいなら、



今とは違う自分を見つけたいなら、





「常に」その事を考えるんだ。












歩くとき




ご飯を食べるとき




お風呂に入るとき





寝るとき










思いの強さ、


つまり考えた時間の長さが、




君を変える1番の材料になる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました