掃除機かけている時って、例えばこんな事を考えてたりする(笑)

塾長の叫び

自分が選んだ道が正しいのかどうか、

そんなのは誰にも分からない。





それは他人がどうこう言うのではなくて、

自分がどう感じたか、である。







あ、ホコリや。








何をもって正しいとするのか、

間違ってたとするのか、

それすら決められていない。






ちょ、コード引っかかった・・・








ただ「スゴイなぁ」って思う人は「正しかった」と言うし、

残念な人はいつまでも「間違ってた」と言う。






そして他人がどう思おうが「正しい道だ!」と言える人はカッコイイし、


いつまでも「間違ってた」と言う人はカッコ悪い。






うわっ、机の脚のウラ吸わなっ











そして往々にして前者は自分なりの成功を手にしているのである。









うぉー!

コードよ届けぇ!

タイトルとURLをコピーしました