授業と自習

塾開業

個別指導塾では授業と自習の区別をしないといけない。


自習の生徒に対応しすぎると、

授業となんら変わらなくなってしまう。




片方は有料で片方は無料。


やってる事は変わらない。



変な話だよね。



この壁を取り除きたい。



だってそうすれば、

伝えたい事をもっと伝えられるから。




週に何コマかだけで、

その子に足りない事をカバーするのは出来ない。




もっと伸ばしてあげる事も出来ない。




だから、いつも授業だしいつも自習。



自習って言葉は良くないか。




いつも授業でいつも自立学習。








「ここはこうするんだ」


「こうやって進めなさい」


「ここに書いてある事を読みなさい」


「もっと考えてからおいで」










色んな対応を、

塾にいる長い時間の中でやっていく。






最終的には、


分からない所を発見して解決する道筋を見つけられる、


そんな塾生に育てたい。

タイトルとURLをコピーしました