時間が足りない

塾長の叫び

石川県公立入試はとにかく時間との勝負だ。





50分という限られた時間でいかに解くか。




いかに合わせるかの勝負だ。









そもそもの問題を解く時間、

間違いに気付けるだけの余裕。








それを生み出すには、

1つ1つの問題のスピード、

解法を見つけ出すスピード、


問題文を丁寧に読み込むスピード、







それらを今の君の10倍にする事だ。







どうやって?








基本の反復である。




基本を今の10倍速く、正確に出来ること。







そうやって時間を生み出すしかない。







問題読み間違い?



は?




2分の1してなかった?



は?






それは「分かってるのに」ではない。








基本を、速く正確に出来ていないだけだ。








難しい問題を解く時間が無かった?






は?




は?








違うな。


そんな言い訳してるヒマがあるなら、

まずは全てのスピードを10倍速で出来るようにしろ。








続きの話はそれが出来るようになってからだ。

タイトルとURLをコピーしました