最低3周はしろ、のもう1つの意味。

塾長の叫び

学校で「ワークは最低3周しろ」と言われていると思う。




その意味は、もちろん反復して定着させるのも1つなんだけど。




もう1つある。




やればやるほど疑問が出てくるからなんだよね。




1周目は基本を覚えるのに手一杯で、ちょっと捻った問題はヨクワカランけどとりあえず手はつけた、程度だったとしよう。




2周目になると基本がわかってる分、1周目に疑問を挟む余裕がなかった部分に意識が向くようになる。




それでも、テスト範囲全てに目を行き渡らせるのは簡単じゃない。




だからもう1周。




3周目でも、今までスルーしていた点に疑問を持てる。




3周をキチンとやると、大抵の問題は「分かる・出来る」になってるヨ、というわけ。




ただ当然、3周やってどこまで「分かる・出来る」かは個人差があるワケだから、




それで足りないなら4周目に突入せよ、ということね。




だから「最低でも」「3周」しなさい、ということね。

タイトルとURLをコピーしました