本当によくある怖い話。

塾長の叫び

高校に合格し、塾を辞めるパターン。




これだけはホントにワケワカラン。




「高校からは自分で勉強できないといけないから」




というのが、生徒・保護者の塾を辞める理由なんだけどさ。




高校受験ごときで自分で勉強出来なかった子が高校で自分で勉強できるわけないじゃん。




やっとの思いで地方大会を勝ち抜いて、さあいざ全国大会へのキップを手にしましたよ。




「あ、これからは自主トレで頑張ります」




笑笑笑笑笑笑笑




それはムリだろーーーーーーー笑笑笑笑




スポーツ・芸術なら分かる話が、いざ勉強になると途端に分からなくなる人が、生徒も保護者も一定数いて。




その末路は・・・




末路どころか出鼻を挫かれ、早々に大学受験諦めモード。




大学受験どころか「勉強そのもの」に対して諦めモード。




全・中学3年生と保護者様方、どうか冷静なご判断を。

タイトルとURLをコピーしました