欠席者の対応について。

塾開業

授業にやむを得ず欠席した場合は、

月~土19:00までの時間で、

振替します。


課題・小テストなども、

普通の授業と同じように対応します。


単純に宿題・小テスト対策をやる時間が減るので、

お子さんの進度に大きな影響を与えます。


『やむを得ない場合』のみ、

ご連絡ください。




なお、

『自分勝手な理由』と判断した場合には

振替はしません。




僕は今、

振替自在な塾に勤めてて思うことがある。


振替を自由に決めてしまうおうちは、

まず成績は上がらない。


上がるのはやっぱり、

毎週決まった時間にキチンと来る子なんだ。


授業を受ける時間は同じなのに、

不思議だよね。


習慣付け、というのもある。


でももっと大事なのは、

「授業を受けられない時間の分だけ損してる」

という事。


たとえば授業を休んで3日後に振替したとする。

同じ時間だけ授業を受けたとしても、

実は周りよりも3日間、

つまり72時間分遅れたって事になる。


この72時間を挽回するのは簡単じゃないよね。


1回だけなら何とかなるかも知れない。


でも、

それが2回3回となると?


安易に休むと、

それだけ子供にハンデがかかるって事なんだ。


『自分勝手な理由』なら振替はしないってのも、

よっぽどな時じゃないと休めないって思ってもらうため。


そもそも、

1年でやむを得ず休むのって、

そうそう無いはずだしね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました