毎日テストの狙い。

塾長の叫び

毎日テストの狙いは「強制反復」である。


あえて高めの合格ラインを設定することで、

ちょっとしたミスでも命取り、合格するためには嫌でも繰り返すしかない。






試しに春休み2週間ほど前にテキストを与えて

「春休みから単元ごとにテストするから今のうちにやっておきな」

と伝えておいた。





ドンドン進めるんだよね。


人によってはテキストの半分くらいまで進めてた。






いざ、テストをやってみると、それはそれはボロボロなワケさ。






ただ進めても、出来るようになってるとは限らない。





本当に出来るようになったかを確認するには、厳しめのチェックを自分に課さないといけない。




しかし、それが出来る子はすでに上位層にいるだろう。





つまり今、上位層にいない、

例えば今まで400点を切ったことが無く、学年10%以内をキープしている子ではない場合、

その「厳しめのチェック」が出来ていない。





それはもう、甘々だ。






テストで不合格を食らう毎に思うだろう。



「何がダメだったの?」


自分の答案と解答を突き合わせ、探す探す。


が、見つからない。





まさにそこに正しい答えが書いてあり、明らかに手元の答案と違うのに見つからない。






テストの時間が刻一刻と迫り、焦る焦る。





ようやく見つけ、覚えなおし理解しなおし、いざテストへ。









また不合格。










「なんでっ?」

「え!こんなことで・・・?」





小学校から今に至るまで、自然とクセとして身につけてしまったんだよね。




答えを勝手に拡大解釈して「これくらいはOK」とマルを付ける悪癖。








「やりなさい」だけじゃあちゃんと出来ない。



きっと多くの子がそうだ。



体感ではあるが、9割の中学生がそうだ。








勉強の悪癖を取り払い、

「覚えたつもり」「出来たつもり」を徹底的に撲滅するための「強制反復」









そのために毎日テストがある。

タイトルとURLをコピーしました