毛布様、出動。

塾長の叫び

我が家には魔法の毛布がある。




一見、


アルプラに売ってそうな、


なんの変哲もない毛布。



だけど寒くなってくると、


この毛布にくるまるだけで、


何もしたくなくなる。


そして気付けば、

何時間もタイムスリップしている。




そんな、





時を越える魔法の毛布が、




ついに今晩、



押入から出された。




毛布様が僕を誘っている。



ダメだ。



誘いに乗ったら、


絶対に・・・





意思とは反対に、



体が毛布の中に入っていく。




もう、



ダメだ。





目の前が・・・




暗く・・・





なっ

コメント

タイトルとURLをコピーしました