決めるべき時に決められるように。

塾長の叫び

人間、何かを決めないといけない時は必ず来る。




それが例えば受験。




どの高校に行くか、どの大学に行くか。






親じゃなく、

自分自身が決めないといけない。






そういう時に、

自分自身で決められるように、


まずはたくさんの可能性を示しておかないとな、


と思う。








「この高校行ったらこんなんなって~」




とか




「この学部だったらこんな事学んで~」




とか




「高卒で就職したらこんな感じで~」



とか。










それがいいとか悪いとかじゃなく、

1つの可能性として、

こんな感じだよ、

と伝える。








1回話しただけじゃあ何も変わらないけど、


それを何度も、


長い時間をかけて、


少しずつ、



出来るだけたくさん。








それも、


「こうしたらこうなる」


みたいなステレオタイプじゃなくて、


色んな可能性を伝える。










話しながら、


調べながら、


友達と相談しながら、



どんな道に進むのかを決めていける。








そういう風にちゃんと自分で決められた子は、


どんな道に進んだとしても、



強く歩いていける。







「目標が無い」という場合、


ほとんどは知らない事が多すぎる。









まずは知らない事を知っていく事、


いい悪い抜きにして、



「そういうのもある」という情報を得ておく事は、




決めるべき時に決めるための大切な準備になる。

タイトルとURLをコピーしました