漢字力は国語力。

勉強とか

漢字は苦手だけど国語は得意、

という子はいない。





むしろ、漢字が苦手なら国語も苦手。






しかもガッツリ足を引っ張るレベルで。









それも当然で、

漢字が書けない読めないって事は、

文章が書けない読めないって事だからね。









だから漢字は、

英語で言うと単語にあたると思ってもいい。






英単語が分からないのに英語が出来る訳ないもんね。








でも漢字はなぜか、

英単語ほど重視されてない気がする。






英単語の練習はするけど、

漢字の練習は後回し、

なんてよく見かける光景。








漢字の練習は、

単なる字の練習じゃない。







言葉の、熟語の練習でもある。










それに何千パターンの漢字問題をマスターするには、

単なる暗記じゃ限界がある。






部首や音訓、

熟語の成り立ちの知識が土台にあってこそマスターできる。








それらの知識があると、


言葉の意味がなんとなーく分かるし、


そのなんとなーくは意外と外れない。









そもそも漢字を覚えないと意味は無いけど、

やみくもに書きまくるんじゃなくて、


色んな知識を引っ張りながら練習する事で


段々得意になっていく。





と同時に語彙も増えていく。






遠回りな様だけど、


部首・音訓・熟語の構成なんかをキチッと身に付けておくと、



それが国語のベースになるのは間違いない。






これは、


出来たら小学生のうちに身に付けておいてほしい事なんだ。

タイトルとURLをコピーしました