火の玉が消える、のか・・・

塾長の叫び

藤川球児が引退。






「いつ潰れてもいい覚悟でここまでやってきた」







そんな覚悟で繰り出す火の玉ストレートは、


本当に多くの人を魅了し、ハッピーにさせた。






もちろん僕もその1人。








「27の時、6連戦でいつでも6連投をする準備があるというモットーが守れなくて引退を考えた」






27で「これ」というモットーが、

それを守れないなら辞めるべきという軸があった事に、

素直に尊敬しちゃう。













そんな覚悟や軸があったからスター選手になれたのか、


スター選手になったから覚悟や軸が出来たのか。










それは分からないけど、



「タイガースを3回優勝させる」



という目標が原動力だったのは確かじゃないかな、と思う。









ありがとう、藤川球児!








今年こそもう一度、夢が見たいぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました