爆上げで指示すること。

塾長の叫び

爆上げに入ると、僕から指示することは1つである。




「塾と学校で習ったところまで、学校のワークを進めなさい」




試験範囲が確定したら「試験範囲をひたすら繰り返しなさい」となる。




いわゆる「勉強の仕方」絡みは全く指示しない。




聞かれたら答えるが、僕からは言わない。




本人が欲しがっていなければ、周りの人間が良かれと思ってするアドバイスは蚊の飛ぶ音以下である。




中学生にとって時間も労力もかけた試験勉強は宝だ。




うまくいかなければそれもまた宝となる。




テストに向けて頑張ったこと、結果を見て思ったこと。




それらも全部、宝だ。




だからテスト後に変わる。




テストのたびに本気を出せば、テストが終わるたびに変われる。




そうやって得た自分の感覚は、自分だけの、一生モノの宝となる。

タイトルとURLをコピーしました