現状打破への道 キッカケ〜習慣化まで

塾長の叫び

ダイエットについての僕の感情・思考の変遷





・たまに行く風呂屋で体重計に乗る

 →うん、まだセーフ。

 (実はアウトって気付いてる)





・アウトだって知ってるから体重計に乗らなくなる。
 →見なくて済むから安心。





・ふとした時に乗ってみる。

 →ヤバイ!

 (ここでやっと自分の体重を直視)





・危機感からウォーキングを始める

 →めんどくさいけどやらねばならぬ。





・なかなか減らないから、減らすために何をしないといけないかを考える

 →「食事制限」と「運動」なのは考えるまでもなく知ってる。






・なかなか減らないから食事制限に乗り出すとともに、運動の負荷を強化

 →この頃からたのしくなってきた。






・ゆるやかーに減りはじめる

 →ちょっとテンション上がる





・誰かに言いたくなる

 →誰かが教えてくれる

 →やってみる

 →能動的に動いてる感が感じられる

 →楽しさが危機感を上回る







・運動強度がグンッ!と上がる

 →体バッキバキ

 →でも楽しいからやめない

 →たぶん明日はもっとバッキバキ笑









この「体重計」を「成績」に置き換えると、

現状打破に何が必要かが見えてくるね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました