理科の計算が苦手だ、を本当に解決する。

塾開業

「理科の計算が苦手なんです」という子のほとんどが、

本当は「理科の計算が苦手」なんじゃなくて、

「小学校の算数が定着してない」んだ。





例えば湿度の計算が分からないという場合、

湿度が分からないんじゃなくて、

その土台になる割合・百分率の考え方、

もっと言うと分数の考え方が分かってない事が多い。








そういう子は、

いくら丁寧に湿度の解説をしたとしても、

結局出来るようにはならないんだ。







じゃあどうするの?




って、

小学校の割合・百分率・分数の復習をするのが一番いい。








そういう対応は、

個別指導だからこそ出来る、






はず。









でも実際は、

よくある個別指導じゃなかなか出来ない。


コマ数の制限があるから。



テストの日は決まってて、

小学校の復習から湿度計算まで指導し切るとなると、

コマ数が圧倒的に足りない。



足りないコマは買ってください、

となる。






テストから逆算してコマ数を計算すると、

凄まじい額になる。





それがムリなら自分で勉強してください、



と。








こういう個別指導は、

親切なようで全然親切じゃない。








必要な所まで戻って復習できるのが個別指導のいい所なのに、

その実現は相当ハードなんだ。








今考えてる形だったら、

毎日塾で3時間、

土曜日は5時間。










1ヶ月もあれば復習から湿度計算までを間に合わせる事が出来る。




追加料金無しで。




割合をマスターして湿度計算が出来るようになれば、


濃度計算も出来るし、


圧力も密度も速度も飲み込みが格段に早くなる。






理科の計算はマスターしたも同然だよ。






そうなれば、

今までにないニコニコ笑顔でテストを迎えられるはず。





ほら、



世界が、少し変わった。








そういう塾を作りたい。

タイトルとURLをコピーしました