理科の計算問題を攻略する、絶対に外せない力とは?

塾長の叫び

中学以降、理科の計算問題に苦手意識を持つ子は本当に多いです。




高校以上は中学の理科が基礎になっているのは言うまでもないとして、




じゃあ中学の理科をマスターするには何が必要か?という話ですが。




色々な要素はありますが、まずもって絶対的に必要な力はと言いますと、




小数の計算力




です。




「理科の計算問題が苦手」という子はほぼ確実に「小数の計算が苦手」なんです。




理科の計算問題は小数同士のかけわりが当然の顔して出てきます。




小数点や0を立てる位置、小数第○位を四捨五入など、多くの子が分かったつもりになって実はできていないという計算のオンパレードです。




ここで計算が合わなくて四苦八苦していては、肝心の「なんでその計算なの?」という部分にまで意識が届かないから、




少し問題をひねられるだけでパニックorフリーズ状態になってしまう。




分数と比べて小数は軽視されがちですが、




小学生のうちに小数の計算は難なくこなせるレベルになっていてほしいです。




一見関係なさそうな、理科の「なんでそうなるの?」を理解するのに前提となる力なのですから。




うめざわ塾の中学準備講座は、算数は小数の四則から始まります。




足し引き掛け割りから始まり、特に掛け割りをしつこく反復していきます。




イヤんなる計算ですが、中学でモノを言う力となるので、




ここから徹底していきます。




小数の後には分数が控えてるので、ここもやり応え十分のはずですよ(^^)




タイトルとURLをコピーしました