理解と「できる」の距離は、意外と遠い。

塾長の叫び

解説を聞いて理解した。



でも、問題を解いてみて手が止まる。




質問して、あぁ、そういうことか、と納得して解く。




次の日、また同じような問題で手が止まる。




また質問して、あぁそうだったそうだった。






「理解した」と「できた」の距離は、意外と遠い。





そういえば僕も高校の頃、



tanθは傾きだよ




って聞いて、あぁ、ナルホドと思っては



あれ、タンジェントってなんだっけ?



傾き、、、え~っと、、、なんでだっけ笑笑





と何度なったことか笑





これはもう、




理解→あれ、なんだっけ→理解→あれ、なんだっけ→理解→・・・




これを最低5回くらい繰り返して、そのたびに「あーもう!!この前やったのに!!!」と思い続けるしか、解決法はない。




というか、それが一番イイ解決法。





ここで大事なのは、本人はもちろん、親も先生も、そういうものだと理解して根気よくやっていく姿勢である。

タイトルとURLをコピーしました