白か黒か。

塾長の叫び

受験はとても大切な経験だ。


大人になってもそうそう出来るものじゃない。








受験には「合格」か「不合格」かのどちらかしかない。




1年間の、もしくはもっと長い間の努力に、

白黒つける戦いなのだ。





白か黒しかつかない。





「限りなく白に近いグレー」は無い。







一応、社会人としてそれなりの経験はしてきたけど、


真に白黒つけた事ってあったかな。








失敗は何度もあったけど、

その気になればいくらでも「白に寄せる」ことは出来た。





白ではないのは明らかだけど、

致命的な黒でもない。






平たく言えば「何とかなった」ってやつだ。








大人でさえ「白か黒か」「表か裏か」「丁か半か」の機会は滅多にない。






受験生は、その全てが強制的にどちらかに振り分けられる。





「限りなく合格に近い不合格」は「不合格」でしかない。







受験は、この先に無いくらいハッキリと勝負がつく世界である。




そんな世界に身を投じて戦っている受験生たちには、

精一杯の応援をしてあげたいよね。

タイトルとURLをコピーしました