目標はそうじゃない

塾長の叫び
会社に評価されるためにミーティング・会議で頑張る。







会社で評価されれば役職が上がり、

給料が上がる。





会社のエラい人は現場を離れ、社員の管理・会社の運営にあたる。









違うんだなーー





そうじゃないんだなーーー





僕がなりたいのは。









僕は、

体が続く限り現場に立ち続けたい。





生徒が僕を必要としてくれる限り、そこに立ち続けたい。









給料はいいけど面白くない仕事をする虚しさを、僕は知ってる。







前職がそうだったから。







だから勇気を出して塾業界に飛び込んだ。







でも結局、自分の行く末が前と同じだって分かったとき、

自然と『独立』に至った。









体が動く限り、





子どもが必要としてくれる限り、





『塾講師』でいたい。





だからこその独立なんだ。
タイトルとURLをコピーしました