確かな手応え。

塾長の叫び

去年の受験期、最終盤で入塾した現高1生。




入試もそうだし、入学後も苦しみもがいてた。




それでもめげずに頑張り続けてきた。




高校入学後半年。




夏明けの実力テストで「確かな手応え」を感じられたと、




やれば出来るんだって初めて感じられたと、




嬉々として語ってくれた。




反省点ももちろんあるけど、反省のレベルや具体性が明らかに上がった。




手応えと自信が、そうさせてくれた。




ただ、それを得るのに半年以上、苦しみながらも頑張り続けた、




その努力があってこそだと、




その積み重ねが出来たからこそなんだと、




僕は思ったよ。




彼はまだまだ頑張る気マンマンである。




これからが楽しみになってきた♪

タイトルとURLをコピーしました