第1号はどうだったか。

塾長の叫び

合格者第2号は、

目の色変えて、

ゴリゴリに反復しまくって、

ようやく合格していった。





素晴らしい事だ。






じゃあ第1号の合格者はどうだったか。









あの子は、難なくクリアしていったように見えたよね。









ただしこれは、

あの子が努力無しに合格した、

という事ではない。










むしろその逆。










何年もの間、

ずっと努力を積み重ねてきたからこそ、

である。










本人はもしかしたら、

努力した、

という自覚は無いかもしれない。







受験生になってギアを上げた、

という自覚はあってもね。










何年も続けている事だから、

別に今さら努力とあえて言うほどのことでもない、

という感じかな。










つまり、

あの子が普通だと思ってやってることって、

その他の子にとったらすさまじい努力になる。






でも、

あの子は涼しい顔してるから、

頑張ってないようにさえ見える。








頑張ってない(ように見えてるだけ)のに好成績を取るもんだから、

「あの子は頭がいい」

「あの子は別格だ」

と言って諦めちゃう。









違うよ。




そうじゃない。











君らが「努力」だと思ってやってる事を、

あの子は「当たり前」にやってる。











あの子の「努力」は、

君らが思う以上の「努力」なんだよ。












この「努力レベル」の差が、

そのまま学力・成績の差となっている。






じゃあこの「努力レベル」の差は、

いったい何でついたのか。











年月だ。








長い年月をかけて「努力」してきて「当たり前」になったから。










僕は決して、

「あの子は頭がいい」の一言で片づけて、

あの子の「努力」を見ようとしない姿勢は許さない。














まずはあの子の「努力」を認めること。








そして、

今やってる「努力」を「当たり前」にしてしまうこと。















そうして今の「努力」が「当たり前」になった時、

君たちの学力は爆発する。

コメント

タイトルとURLをコピーしました