管理者→協力者→応援団

塾長の叫び

小学校の頃は「管理者」であるべきだと思う。




やるべき事はやらせる




でも、高学年あたりから中学生にかけて、「協力者」にスイッチすべき。




単純に、親の目の届かない部分が多くなるから。




管理しきれなくなって、それでも「管理」に動き過ぎると、




「管理」から逃れようとする子との戦いが始まる。




でもその「管理せねば」は、裏を返せば「我が子のためなら多少の労力は厭わない」ってことだよね。




そのエネルギーを「協力」に向けた方がいい結果を生むんじゃないかな。




あなたの勉強のために、私を存分に利用してくれ、と。




暗記?私のでばーん♪




と。




もちろんこれは「管理しない」という意味ではない。




「協力者」の顔をして近くにいき、目の届く範囲をキープしておく、というか。




で、高校受験が近付いてきましたよ、と。




高校生になりましたよ、と。




もうここからは「応援団」だよ。




どんなに苦しそうでも、後ろから目いっぱいの声援を送るんだ。




大丈夫。




あなたが手塩にかけて育ててきたその子は、もうちゃんと自分の足で歩けるよ。

タイトルとURLをコピーしました