結果を恐れるなかれ。

塾長の叫び

テストは結果が数字で現れる。







時に残酷に。







しかし。








その数字で人間の価値が決まるものではない。








塾生たちはみんな間違いなく頑張った。





僕が証人だ。





その頑張りが数字に繋がったかどうか、だけの話だ。







数字が良ければ頑張りが点に繋がったって事だ。

次はもっと取れるよう、

今回の良かった所を磨き、

精度を上げるんだ。







数字が悪ければ頑張りが点に繋がらなかったって事。


今回を振り返り、何を止め、何をやるか。










そして両者とも、思ったらすぐに行動!










結果は頑張りの大小を、

ましてや価値の大小を決めるものではない。










結果は次へ生かすためだけに存在する。








次はどうするか。



次はどうありたいか。






それを考え抜き、行動に移す者こそ、

価値ある人間と言えるのである。









僕はまだ、

みんなの結果は全く知らない。











来週、堂々と報告してくれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました