絵本こそ

塾長の叫び

絵本でさえ、いや、幼少期の絵本こそ、




語彙を増やすキッカケになるんだなと、




蹄鉄




で思った。




作者の意図は知らないが、僕にとっては「わざわざ『蹄鉄』だなんて子供が知らないであろう言葉を潜ませた」と映った。




絵本を親が一緒に読んであげること




会話をしながら読むのを楽しむこと




それが大事なんだよ、と、この絵本に言われた気がした。

タイトルとURLをコピーしました