罪と罰

塾長の叫び

明らかに、勉強が手についていなかった。




罪の意識に苛まれたこの数日、君はすでに十分な罰を受けたはずだ。




さぁ、私立入試は目前だ。




いつもの君で、戦ってこい。




でも、一人の人を傷つけたということは忘れるな?

タイトルとURLをコピーしました