脱・ウォーリーを探せ!

塾長の叫び

小学校の頃にゲームボーイが発売され、

高学年には64が流行った。



中学に入って、

一時期プレステにハマりまくった。





FF・バイオハザード・ストリートファイター・パワプロ・・・




毎日プレステの事しか頭に無かった気さえする。





ところが、

母親はもちろんゲームのやり過ぎを阻止してくる。








時間制限だ。









ゲームが出来ない時間、

僕はソフトの説明書を読み漁った。




何度も何度も、

隅々まで。








とっくに知ってる操作だとしても何回も読んだし、


キャラクターの設定なんかも読みまくった。










いつの間にか、

文章を隅々まで読むクセが付いた。





受験期には、

国語で間違う気がしなかった。







もしあの時、

説明書を読み漁ってなかったら、

国語は出来るようにはならなかったとすら思える。









興味がある事、

それがゲームに関してだとしても、


何度も隅々まで読む事で、


ウォーリーを探せ!状態からは脱せられる。








夢中になれる読み物は、

無限にあるはず。

タイトルとURLをコピーしました