英語はパズル

塾長の叫び

この感覚が付いたら英語はかなり楽になる。




英文法は言葉の並び方のルールだと認識できれば、




あとはそのルールを覚えて、ルールに従って言葉を並べるだけ。




そういう意味で「英語はパズル」なんだ。




ただ、ルールは日本語で書かれ、どのルールを使うべきかも日本語で書かれることが多いから




日本語を神経を張り巡らせて読む




ということになる。




日本語ではたった1つのひらがなで「疑問」や「過去」を表すから、




そこを見落とすと、つまり日本語をいい加減に読んでると、何をしたらいいのやら・・・?となる。




その逆も然り。




英語でも、たった1つのアルファベットで「過去形」となったりするから、




そこを見落とすと一気にガタガタと崩れてしまう。




まずは「日本語で書かれた見本」を1つ1つ丁寧に見ながら、英語のピースを慎重に組み合わせる作業に慣れると、




英語がドンドン上達するはずだよ(^^)




そんな話を、中1と一部の中2にした。




今日でほとんど全員が、そこに慣れたようだ。




さて、次はもう少し難易度を上げてやってみよえか♪

タイトルとURLをコピーしました