英語を勉強してると・・・

塾長の叫び

塾生「英語を勉強してると日本語の勉強もできるんですね」




そう!




日本語、というより言葉についてよく考えるようになる。




中1の一番最初から、主述の関係はキモだし、




時制や助動詞、品詞、修飾被修飾の関係など、分からないと書けない読めないは盛りだくさん。




逆に、その辺りに気を付けて読み書きしてると、日本語文への理解が伸びていく。




だいたい中3で、今まで何となく読める書けるだったのが急に一筋縄ではいかなくなり、




「文」や「言葉」についてじっくり考える必要がでてくる。




学校の英語学習は「スキルとしての英語」のためではないと僕は思っている。




言葉や文のつくりをキチンと理解することで、より深く思考することができるようになる。




つまり、賢くなるのだ♪

タイトルとURLをコピーしました