親がどこまで勉強に口を出すべきか

塾長の叫び

親がどこまで勉強に口を出すべきか、


という悩みを持った人もいるだろう。




僕はハッキリと




勉強が自分事となるまではバシバシに口を出すべき


だと思っている。




多くの子が高校受験を機に、勉強は自分自身のためにやっている、と感じる。




やりたいかやりたくないかは別として、


能動的にやる


という行動に出ると、それは勉強が自分事になっていると思っていい。





例えば学校で単語テストがあるとしよう。




満点通過のために、バシバシにやらせるべきだよ。




例えば塾でテストがあるとしよう。




合格点を取れるように、バシバシにやらせるべきだよ。







そして高校受験を迎え、いよいよ自分の意志と力でやらないとどうにもならないと自覚したとき、



我が子の「勉強」からスッと姿を消せばいい。




というか、その時に姿を消さないと、



今度は逆効果になり得るから。

タイトルとURLをコピーしました