親の高校受験体験記 その②

塾情報

12月初旬に、二水を希望していた息子から出た言葉が『実は俺、勉強してなかった…』
…私は、衝撃を受けたあと、虚しくなり、半ば諦めの気持ちが強くなりました。
しかし、ここで諦めては、二水はともかく、公立高校にも行けなくなると思い、藁をも掴む思いで問い合わせをし、体験後、すぐ入塾しました。
周りの子たちに比べ、成績の悪い息子は、衝撃を受けたと思います。
どれだけ時間を無駄にしていたか…
希望していた二水からランクを落とすことにはなりましたが、無事に公立高校に合格することができました。
うめざわ塾に行ったことで、彼はいかに自分に甘かったのかを気付くことが出来たと思います。
この経験を活かして、引き続き、うめざわ塾高校部で、今度こそスタートダッシュで頑張ることができると信じています。

タイトルとURLをコピーしました