親の腕の見せ所。

塾長の叫び

塾に通わせる。



通信教材をさせる。



学校の宿題をさせる。









何でもいいんだけど、

子供は基本的に「サボりたい」と思ってる。








「出来る事ならやりたくない」と思ってる。






そして「やらなくていい」を勝ち取る瞬間を虎視眈々と狙っている。










「部活で疲れた」




「お腹がいたい」




「寝不足だ」



「熱っぽい」







理由は何だっていい。




言う事でサボらせてくれるならばそれで。








僕の経験から言わせてもらう。








成績が良い子ほど「体調不良」が少ない。




というか、

そんな理由で休む事はほぼない。







成績が低ければ低いほど「体調不良」になったり「疲れた」りする。











ただ、これの対策が打ちにくい。












本当に体調不良なのかどうかは外からは分からないからね。









ならば、

それらを言い訳に使わせない事が重要になる。











つまり、

下らない言い訳を並べた瞬間、


勉強よりも面倒くさく、ウザい展開になる、



もしくは凄まじい罪悪感を感じさせる。










長い年月をかけてそれが身に染みてる子は、

安易な言い訳で目の前の勉強から逃げたりはしない。

コメント

タイトルとURLをコピーしました