言葉の数とイメージを、とにかくたくさん。

塾長の叫び

言葉の意味は、辞書的な理解でなくてもいい。








「こういう時に使う」


「こういう時には使わない」


「そういうのとはちょっと違う」






という、感覚的なイメージでも構わない。



イメージできる言葉がたくさんあったらいいし、

1つの言葉でもイメージがたくさんあった方がいい。




少なくとも小中の間はね、それで十分やっていける。








そしてそういうイメージがあってこそ、

高校大学と言葉に繊細にならないといけない時期に、


辞書を引くことでハッキリと言語化されていく。


より正確に見極める事が出来るようになる。





逆に、イメージも何も無い言葉を辞書で引いても入ってこない。
















勉強では語彙力が重要。



語彙力は国語の範疇。



国語は学校の勉強。



だから語彙力は学校で塾で。











そうじゃないんだよ。










語彙力、


というより、


小中では聞いた事のある言葉の量と、その言葉が持つイメージ。







それって、お家でも伝えられる。








学年1位の子がそうなように、

むしろお家でどれだけ言葉とそのイメージをたくさん貯めてあげられるか、

それがいわゆる「語彙力」の土台となっていく。






結果、「成績」を積み上げられる。

コメント

タイトルとURLをコピーしました