躓きは、もっと前。

塾長の叫び

例えば、関数がニガテだとする。




グラフ描いたり、グラフから式を出したり、交点求めたり、図形の面積出したり、




あーーーーーもう!!ワカラン!!!




とする。




1次関数が原因だ、比例反比例が原因だ、と思ったりするが、意外と躓きはもっと前だったりする。




方程式でよく詰まる、とか




正負の計算でミスが目立つ、とか




座標(2,-5)をすぐにグリグリできない、とか




僕らが思ってるよりもかなり前で躓いていることがよくある。




そういう場合、まずは子どもをよく観察して、根気よく1つ1つクリアしていくのが大事。

タイトルとURLをコピーしました