辛いよね、信じるって。

塾長の叫び

「自分の信じる『上げるための方法』をやりなさい」



これがどれだけ辛いか。










見方によったらただの「放置」じゃないか、

と思われるかも知れないね。












塾講師たる者「効率のいい方法」はいくらでも持ってる。




それを伝える事もできる。










ただし、


それはそれぞれが実体験の中で習得したもの。










その実体験を抜かしてノウハウだけを得たとして、


それがどれだけその子のためになるか。















塾生には、その人数分だけ、

それぞれの「やり方」がある。









時に咎めたい事もある。



時に僕が正しいと思うやり方を言いたい時もある。









だからこそ、辛い。








信じるとは、時にとても辛い事なんだな。












「自分の思い通りにすればいい」


これをね、

「放置」と言いたいなら言えばいいよ。






「見てくれない」と思うなら、

そう思ってもらってもいいさ。












だけどね、僕は見てるよ。






他の誰よりも。







だから辛いんだよ。









それでも、

塾生たちは乗り越えられるって信じてる。












強くなれ。









いや。











強くなれる。













誰よりもね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました