進学校のリアル

塾長の叫び

金大生から高校のリアルな話を聞けた♪




泉・二水で、上半分が難関大+金大




これはデータを見れば明らかだが、話はここからね。




この上半分の子たちは、何だかんだ言って塾なり予備校なりに通ってる。




だからこそ上位でいられる。




にも関わらず、




「学校についていけば何とかなる」と思い、




実際は下位に沈んでるのに、




「学校についていけてる」と思い込んでしまう子たちが多い(というか下半分ね)




そして実際、




高校受験の時は自分より上の高校に行き、自分より頭の良かった人たちが同じ金沢大学を受験して失敗し、浪人中




と。




何が言いたいか、分かってもらえるよね?




高校の努力次第で今の成績序列は簡単にひっくり返る




ということ。




この金大生、高校時代は部活があっても毎日塾に通っていた。




もちろん、高校の合格発表とともにそれは始まった。




「高校で追いつけなくなってから」では到底不可能だったのは聞くまでもない。




高校受験を通して身に付けた学習習慣をそのまま高校生でも引き継ぐことができれば、いくらでも追い抜ける




ということだね。

タイトルとURLをコピーしました