金を払うのは簡単だが・・・

塾長の叫び

何事につけてもそうだけど、

金を払うのは簡単だ。









手元にある金を、

相手に渡せばそれでオシマイ。








例えばそうだなぁ、

「仕事で成功するセミナー」

があったとしよう。







1回1万円。








払えなくは、ない。








手元の1万円を相手に支払えば、

それと交換で「仕事で成功するセミナー」が受けられる。







あとはそこに行くだけでいいし、

もっと受けたければまた1万円を払えばいい。









実に簡単だ。








僕はこういう自分への投資は、

大切であるとは思う。








「向上させたい!」という想いがあり、

その後の行動へ繋げるという前提であれば。












この1万円は、「セミナーの対価」ではないんじゃないかな。






「自分の行動に見合う額」なんじゃないかな。








ひっきりなしに動いた人にとってはめちゃくちゃオトク。






結局、なーんにも動かなかった人にとっては金と時間を捨てただけ。









反対に、



オトクと思った人はめちゃくちゃ動いたってことだし、


損したって思ったなら自分が動けてなかったってこと。











僕は、

こういう投資をする時は、






「いかに素晴らしい成果が手に入るか」


ではなく、


「それだけ動ける自信があるか」

で判断する。











ようにしたい。












タイトルとURLをコピーしました