鉄製装備+鉄砲相手に、ふんどし+剣で勝った男。

塾長の叫び

1522年、マゼランの艦隊が世界一周を達成。






中学でこう習うから、

マゼランは世界一周を成し遂げたと思われてるけど、


実は彼、途中で死んじゃってるんだ。









マゼラン艦隊が世界周航の途中、

フィリピンのとある島に到着した時、


現地の人たちと戦って戦死してる。






え?




なんで?




マゼランって弱いの?







いやいや、


マゼランたちはスペインという、


当時世界一強いんじゃないかって言われてた国の艦隊。








弱いどころか、めちゃくちゃ強い。








鋼鉄で出来た鎧を全身にまとい、


鉄砲・大砲を満載でフィリピンにやってきたマゼラン軍。










マゼラン「ヘ~イ、皆さん♪

     今日から俺の言う事に従ってね~☆」








自分達の装備をチラつかせながらいい放つマゼラン。







その態度にブチ切れた現地の王・ラプラプ。







ラプラプたちにはスペインに勝てるような装備なんか無く、

肖像を見る限りふんどしに剣一本。







それでも何とか島を守るため、

頭をひねって、ある作戦を立てた。











ラプラプ「おいこの色白野郎!

     俺らがクソダッセーお前らに負けるわけねーだろ!


     明日、海岸でケリつけてやるから覚悟しとけ!


     このデベソ野郎ども!」









ラプラプの挑発にまんまと乗っかり、


約束の場所でケチョンケチョンにしにやってきたマゼランたち。










しかしなんと・・・!










そこは遠浅の地形で自慢の艦隊が海岸まで近付けない。



船に満載の大砲は全然届かないんだ。









マゼラン「ヒュー!こんな作戦で負けるワケ無いでショーが!

     突撃デース!!」









ところがっ!











マゼランたちの重たい装備じゃ体が上手く動かない。









ただえさえ動きがのろいのに水の中を歩くとなったら・・・











その隙を突いて、



身軽なふんどし隊がバッサバッサとマゼラン軍を斬り倒す。







そしてついにこの乱戦の中、







マゼラン艦長がラプラプ王によって討ち取られてしまう。









リーダーを失った隊員たちはうろたえて、



一目散に逃げ帰っていった。









こうしてラプラプの機転で島の平和は守られたのだった。








この話を最初に聞いた時、震えたよ。





だってふんどしが鎧に勝てる訳ないし、


鉄砲が剣に勝てるとも思えない。





なのに勝っちゃった。






魔法じゃなく、

知恵で最新最強艦隊に打ち勝ったんだ!








ここから学べる事は大きい。






圧倒的脅威を前にしても、



冷静に相手の弱点を分析し、


持てる力の全てでそこを突く。










そうすれば、裸で鎧を貫く事も出来るって事。

タイトルとURLをコピーしました