雑音を消し去れ。

塾長の叫び

何かを真剣にやってる時に限って、

雑音が耳に入る。






聞きたくもない言葉が頭に焼き付く。







いやむしろ、

真剣にやってるからこそ、

雑音が大きく聞こえるのかも。








静かな部屋ではドアノブの

「カチャ」

でさえ響き渡るのと同じように。











ただ。








雑音は必ずある。







常に。







どこへ行っても。






逃げられない。






そういうもの。










ならば、









ならばいっそ受け入れる。








そういうものなんだ、



って。









受け入れて、


流す。








聞こえるけど聞こえない。







聞こえなくする。






耳をふさぐでもなく、


もっと大きな音で打ち消すでもなく、









耳に入れ、



外に出す。








自分に残さない。









それだけの強さを持て。

コメント

タイトルとURLをコピーしました