音読教室のお悩み相談。

塾長の叫び

「音読をしてると読むのに必死で内容が入ってこないんです」




はい、お悩みです。あるあるです。




読むのに必死=必死になれないと読めない=知らないか、知ってても使わないしヨクワカラン言葉が多い




なのね。




だから、知らないか、知っててもヨクワカラン言葉を「いつでも使える状態」にしておけばいい。




そのためにまずは、読めない言葉、詰まる言葉・文に目印をつける。




読めない言葉は調べれば読める=存在は知れる




存在しか知らない言葉は、文単位で意味を掴む。




注意点は「辞書をひいて満足しないこと」




だってさ、辞書をひいた所でさ、文の意味は分からないわけじゃん?




文ごと理解したら「こういう時にこう使う言葉」っていう風に、自分にストックしておけるじゃん?




そのストックが国語ではモノを言う。




実はね、国語ができる人ってね、




言葉は文脈で掴む




ってクセが出来てるの。




文脈で掴んだ言葉がたくさんあれば、読めば頭に入るようになる。




高校入試は文章を読み返す時間なんてないぞ?




一発で読んで答えて、じゃないとタイムアップだぞ?




まずは言葉をリストアップして、「知ってるレベル」を1つでも多く、1レベルでも高く引き上げていこう。




そのために音読は有効な手となるんだよ。




と、こんな感じの内容を、もっとクッタクタに砕いてラインでお答え致しましたとさ♪

タイトルとURLをコピーしました