高校受験くらい何だ?

塾長の叫び

高校受験は大事な機会だと思う。



自分が願う場所に行く資格があるのか、ふるいにかけられる。






希望を叶えるために、長い期間自分を追い込む。





切羽詰まった時の火事場のクソ力で、目一杯自分を鍛える。








だから今まで習った知識を体の一部とする事ができる。










じゃあそれは何のために?






大学受験だろう。







高校受験は、

大学受験のための中間修行期間だと僕は捉えている。









この修行で一応の結果は出る。






が、それで全てが決まると思ってはいけない。







大学受験まではあとも3年ある。





高校受験の結果よりも、

高校3年間の過ごし方の方が影響が大きいんだ。









その大切な期間に移行するための基本性能と心の持ち様を形作ってくれる、

そういう位置に高校受験はあるんじゃないかな。

タイトルとURLをコピーしました