高校受験はチャンスである。

塾長の叫び

僕は、高校受験は「勉強に本気にさせてくれる大事な機会」だと捉えている。




誰に助けてもらったところで、自分がやらなきゃどうにもならないということを思い知る、またとないチャンスだと。




多くの子にとって、勉強はやりたくないもので、できれば避けて通りたいもので、




かつ、




学校や塾の先生に任せていればなんとかなる




という認識だろう。




それが高校受験で激変する。




もっと勉強したい・せねば、となり




学力を上げるには自分が動かねばならない




と肌で感じる。




この感覚は高校生活において必須である。




高校は中学と比べて「自己責任」の部分が増える。




つまり、




は?やらんかった君が悪いんでしょ?




という態度を当然のように取られる。




学校でも塾でも。




「自分が動かねば何も変わらない」という実感を高校入学の時点で得ているかどうか。




これは大きな差になるよ。




もちろん、




「だから動くのだ!」




にならないと意味ないけどね。

タイトルとURLをコピーしました